野菜を干すと栄養価が上がる?
野菜は干すと水分が抜け、栄養が濃縮され、うまみも増します。
例えば、切り干し大根は、同じ重量の生と比べてカルシウムが20倍以上、鉄分は50倍近く、その他の栄養素も大幅にアップします。
しいたけにはエルゴステリンという成分が含まれ、日光や紫外線に当たるとビタミンDに変わる作用があります。干ししいたけは生のものに比べ、ビタミンDが10倍ほど含まれています。その他の栄養素も、もちろんアップ。
大根、にんじん、しいたけ、蓮根など、天気のよい日に、軒下などに吊るして、水分が完全に抜けるまで干すと、半年くらいは保存もできます。
切り干し大根は、スライサーで薄く切って、天気のよい日に天地を返しながら干すと2日ほどで干せます。
保存もできて、栄養価もアップ。そしておいしい…。
常備野菜としてかかせません。
野菜Q&A扉のページへ戻る
Home