体調別野菜の効用TopPageに戻る Home

糖尿病を予防

風邪をひいた
疲れた…
美容。しわ、しみ
イライラする。精神不安定
胃腸の調子が悪い
塩分とり過ぎ?むくみ
肩こり
冷え性
貧血気味
骨粗しょう症の予防
便秘気味
ダイエット
物忘れがひどい
食欲がない
老化が気になる
目が疲れた
夏バテ気味…
二日酔い…
血液をサラサラに
糖尿病を予防
動脈硬化を予防

糖尿病の予防に…

ごぼう  ゴーヤ  まいたけ
ごぼう
ごぼうには菊科植物特有の多糖類のイヌリンを豊富に含みます。イヌリンは体内で糖に変わりにくいので血糖値が上がりにくく、糖尿病の改善に有効です。
また、イヌリンは肥満や糖尿病に関係するインスリンの分泌を抑えるはたらきがあります。
ゴーヤ
ゴーヤのの皮成分に含まれているサポニンの一種、キャラチンは「植物性インスリン」とも呼ばれ、すい臓を活性化させ、血糖の代謝を促進し、血糖値を下げるはたらきがあります。
キャラチンを含む野菜はゴーヤだけです。
加熱しても栄養価は落ちません。
まいたけ
まいたけ独自の成分、X-フラクションは血中ブドウ糖を細胞内にスムーズに取り込み、インスリンの働きを正常に保つので、糖尿病を予防・改善するはたらきがあります。
X-フラクションが含まれている食品はまいたけだけです。コレステロールができるのを抑制し、排泄するはたらきもあります。
糖尿病は、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンのはたらきが弱まったり、不足することで、ブドウ糖がエネルギーとして利用されず、血液中に残って高血糖をおこす病気です。
体調別野菜の効用TopPageに戻る
野菜は薬ではないので、必ず効力があるというものではありません。
その野菜に含まれる栄養素と栄養素のはたらきの紹介です。
Home