さやえんどう

おいしい時期

春から初夏/4〜6月
若いさやを食べるものがさやえんどうで、絹さや、さとうざやなどの
種類があります。
実を食べるものはグリーンピース。さやと実を食べるのがスナックえんどう。
えんどうの若芽をつるごと収穫したものが豆苗です。

選び方
  • 豆が小さく生育していない、薄いものが上質。
  • ヒゲが白くて、ピンとしているものがよい。
  • 大ぶりより小ぶりのもの。
  • 緑色が鮮やかで、濃い色のもの。
  • さやに張りがあり、折るとポキッとするものがよい。
保存方法
  • 乾燥しないように野菜保存袋などにいれて、冷蔵庫で保存します。(1週間くらい)
  • 冷凍はさやが傷むのでさけた方がよい。
季節別野菜一覧ページに戻る
Home