体調別野菜の効用TopPageに戻る Home

夏バテ気味…

風邪をひいた
疲れた…
美容。しわ、しみ
イライラする。精神不安定
胃腸の調子が悪い
塩分とり過ぎ?むくみ
肩こり
冷え性
貧血気味
骨粗しょう症の予防
便秘気味
ダイエット
物忘れがひどい
食欲がない
老化が気になる
目が疲れた
夏バテ気味…
二日酔い…
血液をサラサラに
糖尿病を予防
動脈硬化を予防

夏バテに…

枝豆  ゴーヤ  にんにく
枝豆
夏の旬野菜、枝豆は、野菜の中でも特に栄養価が高い。
暑さで消耗するビタミンC、エネルギーの代謝を促進し、疲労の回復に役立つビタミンB1、B2、風邪などの病気予防に必要なカロチン、便秘を予防・改善する食物繊維が豊富に含まれています。
ゴーヤ
からだの抵抗力をつけるビタミンCが豊富で、ゴーやのビタミンCは加熱してもこわれにくいので、摂取しやすい。
またカロチン、疲労回復に役立つビタミンB1、余分な塩分の排泄に役立つカリウム、食物繊維などが含まれ、夏バテにおすすめの野菜です。
にんにく
にんにくの強烈なにおい成分アリシンは、疲労回復効果のあるビタミンB1の吸収を高め、体内に長くとどまって、疲労回復効果を長続きする作用があります。
夏はビタミンB1の多く含まれる食品と硫化アリル(ねぎ、にら、にんにく、たまねぎなど)が含まれる食品を一緒に食べると夏バテに効果が期待できます。
体調別野菜の効用TopPageに戻る
野菜は薬ではないので、必ず効力があるというものではありません。
その野菜に含まれる栄養素と栄養素のはたらきの紹介です。
Home