体調別野菜の効用TopPageに戻る Home

骨粗しょう症の予防

風邪をひいた
疲れた…
美容。しわ、しみ
イライラする。精神不安定
胃腸の調子が悪い
塩分とり過ぎ?むくみ
肩こり
冷え性
貧血気味
骨粗しょう症の予防
便秘気味
ダイエット
物忘れがひどい
食欲がない
老化が気になる
目が疲れた
夏バテ気味…
二日酔い…
血液をサラサラに
糖尿病を予防
動脈硬化を予防

骨粗しょう症の予防に…

ほうれん草  小松菜  モロヘイヤ
ほうれん草
骨粗しょう症の原因はさまざまですが、カルシウム不足も原因の一つです。
骨を丈夫にするには、カルシウムとマグネシウムが2:1の割合で摂取するのが理想的です。ほうれん草はカルシウムが豊富で、2:1でマグネシウムも含まれます。
また、骨からカルシウムが排出されるのを抑制するはたらきがあるビタミンKも含みます。
小松菜
小松菜100gに含まれるカルシウムの量はほうれん草の約3〜5倍。また、骨の健康維持に大切なはたらきをするビタミンKも含まれます。
モロヘイヤ
小松菜よりもさらにカルシウム量が多く含まれます。ビタミンKも豊富。
骨の強化に大切な役割をするマグネシウムは、青菜や、納豆、アーモンド、バナナなどに含まれます。

塩分を摂りすぎると、余分なナトリウムを尿として排泄される時に、一緒にカルシウムも排泄されてしまうので注意が必要です。

運動も強い骨をつくるには必要です。骨は適度なストレスをあたえると強くなります。
体調別野菜の効用TopPageに戻る
野菜は薬ではないので、必ず効力があるというものではありません。
その野菜に含まれる栄養素と栄養素のはたらきの紹介です。
Home