カリフラワー

おいしい時期

晩秋から冬/12〜1月
キャベツの仲間で、食用にするのは花のように見えるつぼみの部分。
もともとはブロッコリーが突然変異で白化したそうです。

選び方
  • すき間なく実がかたく詰まっていて、純白のもの。(ホワイト品種のもの)
  • 小さくても、ずしりと重いものが水分が多く、おいしい。
  • 茎が太く短いもの。
  • 外葉が包むように丸まっているもの。

↑ホワイトカリフラワー
主流はこちら

↑紫カリフラワー
茹でると鮮やかな緑色になります

保存方法
  • ラップに包んで冷蔵庫へ。
  • つぼみが開くと味も栄養も半減してしまうので、早めに食べきる方がよい。
  • 冷凍する時は、小房に分けて堅めに茹で、さましてから、ポリ袋や密閉容器に入れて保存。
季節別野菜一覧ページに戻る
Home