体調別野菜の効用TopPageに戻る Home

胃腸の調子が悪い

風邪をひいた
疲れた…
美容。しわ、しみ
イライラする。精神不安定
胃腸の調子が悪い
塩分とり過ぎ?むくみ
肩こり
冷え性
貧血気味
骨粗しょう症の予防
便秘気味
ダイエット
物忘れがひどい
食欲がない
老化が気になる
目が疲れた
夏バテ気味…
二日酔い…
血液をサラサラに
糖尿病を予防
動脈硬化を予防

胃腸に…

キャベツ  大根  山芋
キャベツ
きゃべつにはビタミンU、別名キャベジンが豊富に含まれていて、暴飲暴食や、ストレスなどで傷ついた胃壁の粘膜を修復するはたらきがあります。胃腸薬の「キャベジン」でおなじみです。
大根
大根には消化酵素のジアスターゼが豊富に含まれており、消化を促進し、胃酸をコントロールし、胃もたれや胸焼けを解消します。胃腸薬にも配合されています。
酵素は加熱に弱いので、大根おろしにして食べるとよいです。また、酵素は酸化しやすいので、食べる直前にすりおろします。
山芋
山いもも、消化酵素が豊富に含まれているので、胃もたれや、胸やけを解消する効果があります。
また、一緒に食べたものの栄養を、胃に負担をかけずに無駄なく吸収できるので、回復力があります。粘りのもと、ムチンに胃壁を保護するはたらきがあります。
胃腸が弱ってくると、体力や免疫力が低下して、風邪もひきやすくなるので、胃腸はいつも元気で正常な状態にしておくことは大切です。

他にもかぶの白い根の方に、消化酵素や、里芋の粘り成分にムチンが含まれていて、胃腸によいです。
体調別野菜の効用TopPageに戻る
野菜は薬ではないので、必ず効力があるというものではありません。
その野菜に含まれる栄養素と栄養素のはたらきの紹介です。
Home