体調別野菜の効用TopPageに戻る Home

疲れた…。

風邪をひいた
疲れた…
美容。しわ、しみ
イライラする。精神不安定
胃腸の調子が悪い
塩分とり過ぎ?むくみ
肩こり
冷え性
貧血気味
骨粗しょう症の予防
便秘気味
ダイエット
物忘れがひどい
食欲がない
老化が気になる
目が疲れた
夏バテ気味…
二日酔い…
血液をサラサラに
糖尿病を予防
動脈硬化を予防

疲労回復に…

にんにく  にら  アスパラガス
にんにく
にんにくの強烈なにおい成分、アリシンは疲労回復効果のあるビタミンB1の吸収を高め、体内に長くとどまって、疲労回復効果を長続きする作用があります。
に ら
にんにくと同じで、にらの香り成分に、アリシンが含まれ、ビタミンB1の吸収を高め、疲労回復効果を長続きさせます。
また、皮膚の粘膜を強化するカロチンも豊富で、ビタミン類、ミネラルも含まれ、栄養的にも優れています。
アスパラガス
アミノ酸の一種、アスパラギン酸が、エネルギー代謝を高め、スタミナをつけて、疲労に対して抵抗力がつきます。
スタミナをつけるためには、腸を健康に保つことが大事。食物繊維(かぼちゃ、さつまいも、ごぼうなど)を普段からとっておくとよいです。

体力をアップするには、ビタミンB1(豚肉、うなぎなどが豊富)が大事。ビタミンB1の吸収を高めるためには、にんにく、ねぎ、にらなど、アリシン(硫化アリル)が含まれる野菜と一緒にとるとよいです。

甘いものを摂り過ぎると、疲労回復に大切なビタミンB1の吸収を妨げます。
体調別野菜の効用TopPageに戻る
野菜は薬ではないので、必ず効力があるというものではありません。
その野菜に含まれる栄養素と栄養素のはたらきの紹介です。
Home