体調別野菜の効用TopPageに戻る Home

冷え性

風邪をひいた
疲れた…
美容。しわ、しみ
イライラする。精神不安定
胃腸の調子が悪い
塩分とり過ぎ?むくみ
肩こり
冷え性
貧血気味
骨粗しょう症の予防
便秘気味
ダイエット
物忘れがひどい
食欲がない
老化が気になる
目が疲れた
夏バテ気味…
二日酔い…
血液をサラサラに
糖尿病を予防
動脈硬化を予防

冷え性に…

かぼちゃ  しょうが  せり
かぼちゃ
かぼちゃにはビタミンEが豊富に含まれます。ビタミンEは毛細血管の血流を促し、血管に弾力をつけ、広げて、抹消まで血行をよくするはたらきがあります。
また、便秘が冷え性をまねくこともあるので、かぼちゃの豊富な食物繊維が有効です。
しょうが
しょうがに含まれる、辛味成分ジンゲロン、ショウガオールに血液の循環をよくして、新陳代謝を高める作用があります。
せり
さわやかな香りのもと、ミリスチン、カンフェンなどの成分があり、保温や、発汗を促す作用があります。
カリウムは尿をつくって排泄するはたらきがあるので、カリウムを多く含む食品、果物や生野菜を夜たくさん摂ると、排泄できなくて、むくみや冷えの原因になります。夜遅い時は果物などは控えめに。

たんぱく質が不足すると、冷え性になりやすい。たんぱく質を燃焼させる時に、エネルギーを発生させて、体を温める作用があります。
体調別野菜の効用TopPageに戻る
野菜は薬ではないので、必ず効力があるというものではありません。
その野菜に含まれる栄養素と栄養素のはたらきの紹介です。
Home