体調別野菜の効用TopPageに戻る Home

動脈硬化の予防

風邪をひいた
疲れた…
美容。しわ、しみ
イライラする。精神不安定
胃腸の調子が悪い
塩分とり過ぎ?むくみ
肩こり
冷え性
貧血気味
骨粗しょう症の予防
便秘気味
ダイエット
物忘れがひどい
食欲がない
老化が気になる
目が疲れた
夏バテ気味…
二日酔い…
血液をサラサラに
糖尿病を予防
動脈硬化を予防

動脈硬化の予防に…

玉ねぎ  里芋  しいたけ
玉ねぎ
辛味成分にさまざまな硫黄化合物が含まれ、かたまった血液をサラサラにする作用があります。
また、たまねぎには、血液の流れをスムーズにし、中性脂肪を除く有効成分であるポリフェノールも含まれます。
たまねぎの血液をサラサラにする効果のある成分は、水に長時間さらしたり、加熱すると効果が弱まるので、生のまま摂るほうがよい。
里 芋
さといもの粘り気の成分は、ムチンやガラクタンです。ガラクタンは血中脂質を減らして、動脈硬化を防ぐ効果がすぐれています。ぬめりは落とさずに調理しましょう。
しいたけ
きのこ類の中では特にしいたけに多く含まれる成分である、エリタデニンは血中コレステロールを減らすはたらきがあります。
また、コレステロールと同様に悪役とされるホモシステインを取り除くはたらきがあり、動脈硬化を防ぐ栄養素として注目されています。
血液を粘質性にする原因は、動物性脂肪や糖分の取りすぎ、アルコールの飲み過ぎなども原因なので、少し控えたほうがよいです。
体調別野菜の効用TopPageに戻る
野菜は薬ではないので、必ず効力があるというものではありません。
その野菜に含まれる栄養素と栄養素のはたらきの紹介です。
Home