便利食材!カット野菜について
安全性
カットされた野菜は細菌類と接する表面積が大きくなるので、悪くなりやすい食材です。そのため、次亜塩素酸ナトリウムの溶液につけて、殺菌されていることが多いようで、「危険な野菜の代表」という扱いを受けています。
殺菌後はていねいに洗浄され、殺菌溶液は除去されているので、食べて危険なほど残留していることはありません。

しかし、カットされた野菜は傷みやすい(雑菌にふれやすい、繁殖しやすい)ので、開封後は可能な限り早く食べる方がよいです。

また、2種類以上の野菜がパックされているものは、加工食品扱いされるので、原産地表示されていないので、表示の不透明さが問題です。

栄養
カット野菜は、細かく刻まれているので、栄養素が流出しやすくなっています。
特に、ビタミンCやカリウムなどの水溶性の栄養成分は相当に減少しています。
また、殺菌剤を除去するために、かなり水洗いしているので、栄養成分が新鮮な野菜よりかなり栄養価は劣っています
野菜Q&A扉のページへ戻る
Home