体調別野菜の効用TopPageに戻る Home

美容。しわ、しみ

風邪をひいた
疲れた…
美容。しわ、しみ
イライラする。精神不安定
胃腸の調子が悪い
塩分とり過ぎ?むくみ
肩こり
冷え性
貧血気味
骨粗しょう症の予防
便秘気味
ダイエット
物忘れがひどい
食欲がない
老化が気になる
目が疲れた
夏バテ気味…
二日酔い…
血液をサラサラに
糖尿病を予防
動脈硬化を予防

美容に…

かぼちゃ  ピーマン  れんこん
かぼちゃ
皮膚や粘膜を健康に保つカロチン(ビタミンA)が豊富。
また、細胞の老化防止、小じわ、肌のくすみに威力があるビタミンE、肌をみずみずしく保つビタミンCも豊富です。
ビタミンA、C、Eで美容効果!
ピーマン
ピーマンもビタミンA、C、Eが含まれ、特にビタミンCが多く、しかもピーマンのビタミンCは組織がしっかりしていて、加熱してもこわれにくく、ビタミンCの酸化を防ぐイソフラボンも含むので、効率よくビタミンCが摂れます。
赤ピーマンの方が緑ピーマンより、ビタミンA、C、Eが豊富です。
れんこん
れんこんを切った時に糸をひく粘りの成分、ムチンに細胞を活性化させ、皮膚の老化を防止する働きがあります。
また、根菜の中では美肌を作るコラーゲンの生成にかかせないビタミンCが豊富に含まれています。
メラニンの生成を抑制して、美肌をつくるコラーゲンの生成にかかせないビタミンCは摂取しても、数時間で体外に排出されるので、こまめにとるとよいです。

ふかひれ、たいの目のまわり、鮭の皮の内側などに含まれるコラーゲンは保水力のもとです。
体調別野菜の効用TopPageに戻る
野菜は薬ではないので、必ず効力があるというものではありません。
その野菜に含まれる栄養素と栄養素のはたらきの紹介です。
Home