Home

野菜の栄養成分Top15

ビタミンやミネラルなど微量栄養素を多く含む野菜をリストアップしました。
β-カロチン

★★ビタミンE 含有量 Top 15★★

一日の所要量 8〜10mg
ビタミンの中で、もっとも抗酸化作用があるといわれているのが、ビタミンEで、とくに老化防止によく、若さを保つビタミンとして有名です。
皮膚の細胞内でビタミンEが不足すると、紫外線などの影響で脂質が酸化します。酸化によってできた過酸化脂質にたんぱく質が結合すると、老人性のシミの原因になります。
過酸化脂質の生成を抑えるには、ビタミンEをたくさん摂り、合わせてビタミンCを摂ると効果的です。
また、ビタミンEは毛細血管の血流を促し、血管に弾力をつけ、広げて、抹消まで血行をよくするはたらきがあります。
更年期障害、抹消障害による肩・首のこり、冷えなどの改善、コレステロール低減、動脈硬化の予防に効果があります。
1 落花生 7.6mg
2 モロヘイヤ 6.6mg
3 かぼちゃ(西洋) 5.1mg
4 赤ピーマン 4.3mg
5 しそ 3.9mg
6 大根(葉) 3.8mg
7 バジル 3.5mg
8 パセリ 3.4mg
9 かぶ(葉) 3.2mg
10 菜の花 3.0mg
11 あしたば 2.8mg
12 にら 2.6mg
13 ブロッコリー 2.5mg
14 黄ピーマン 2.4mg
15 ほうれん草 2.1mg
☆ 順位は主な野菜の順位です。
☆ 含有量は可食部100g当たりの数値です。
☆ 資料:科学技術庁資源調査会編「五訂日本食品標準成分表」より引用しました。
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンC
ビタミンE
カルシウム
カリウム
食物繊維
このPageTop
Home